ニュース
News

「カーボンニュートラル達成に向けた情報整理の必要性ー 科学技術の社会実装を進めるための客観的な情報整理の取り組みについて ー」に登壇します

2022年1月19日(水)、当社代表の 鮎川詢裕子がドローダウン・ジャパン・コンソーシアム共同代表として、 デロイト トーマツ グループ 主催の「カーボンニュートラル達成に向けた情報整理の必要性ー 科学技術の社会実装を進めるための客観的な情報整理の取り組みについて ー」に登壇いたします。

国立環境研究所の江守正多さん、科学技術の社会実装に向けて、デロイト トーマツ グループにて作成を開始しているカーボンニュートラルを実現するための技術リストおよび技術実証を行っているプロジェクトについて、デロイト トーマツ グループの科学技術推進イニシアチブ「デロイト トーマツ サイエンスアンドテクノロジー」の各プロフェッショナルとご一緒させていただきます。

カーボンニュートラル達成に向けた情報整理の必要性
ー 科学技術の社会実装を進めるための客観的な情報整理の取り組みについて ー
主催:デロイト トーマツ グループ
協力:Tokyo Marunouchi Innovation Platform(TMIP)
日時:2022年1月19日(水) 16:00~18:00(日本時間)
申込期限:2022年1月17日(月) 17:00

会場:Webinar(オンラインセミナー)
参加費: 無料
対象:
取締役、経営企画・経理・リスク管理部門・新規事業部門・技術開発部門責任者様、ご担当者様向け

内容の詳細・お申込みはこちらから

https://tohmatsu.smartseminar.jp/public/seminar/view/24173

Back To Archive